川連漆器の歴史
History

鎌倉時代(1193年)、源頼朝の家人で稲庭城主の小野寺重道の弟、 道矩公が古四王野尻(現在の漆器の中心地)に館を築き、 家臣に命じて刀の鞘、弓、鎧などの武具に漆を塗らせたのが始まりとされています。 文明12年(1815年)、藩の許可を得て朱塗りの漆器をつくり 販路を他国にひらき、 江戸時代後期には藩の保護政策のもとに、椀、膳、重箱など幅広い漆器が作られるようになり、 沈金、蒔絵などの 飾りが加わり基盤をさらに大きく築きあげていきました。 明治には新しい技術開発がおこなわれ、昭和51年には、国の伝統工芸品に指定され、 平成8年には県の指定も受けました。堅牢さを誇る実用的な生活用品として庶民生活に密着し、 今日、川連漆器は町の主要産業となっております。

川連漆器の特徴
Peculiarity

川連漆器は下地に重点をおいているのが特徴です。 下地とは駒毛のハケで渋柿や生漆を直接数回塗る「地塗り」など7~8工程あり、 仕上げがきれいにいくように、 基礎をつくるための工程です。そうすることで、 狂いのこない堅牢で非常に丈夫なものをつくることができるのです。 仕上げは「花塗り」。漆本来の美しい光沢が生命と もいえる塗りです。 研かず乾燥させなめらかな表面を出す技術で、 塗りムラが出ないように刷け目を見せずに漆を均等に塗るのは熟練した職人技の見せどころです。

川連漆器のお手入れの方法
Care

・軽い汚れは、40度くらい(お風呂の温度)のお湯で、さっと洗えば十分です。
・油汚れには、食器用中性洗剤を薄めて、布巾や柔らかなスポンジにつけて洗えばきれいに落ちます。
・ご飯もののこびりつきには、内側にお湯をはって10分浸透してから洗うと簡単に落ちます。
・水切り後、乾き切らないうちに布巾で手早く拭いてしまえば、水滴の跡が残ることもありません。
・川連塗りは丈夫さで知られていますが、電子レンジ、ナイロンたわし、磨き粉、スチールウール、食器洗い・乾燥機は使わないでください。
・長時間のつけおき、煮沸はしないでください。また、直射日光はお避け下さい。
・うるしは一般の合成塗料と違い、耐熱性、耐酸性があり、あらゆる薬品に侵されず、その乾燥皮膜は完全優秀な永久性塗料です。 熱い物、冷たい物、酢の物、油物と何にでも適しています。使い込むほどに色がさえ、風合いが出てくるので、気になさらず思う存分お使いください。